小ジワに挑む40代女性の美肌再生対策とは?

目尻や口元に小さく刻まれてくる優しいライン。
人はそれを小ジワといい、重ねた年月やその人柄を重ね表すものとする。

 

笑顔の証として現れる、その安らかな笑いジワは、他者に親しみを与え、
暖かな安心感に満ちた素材のひとつである。

 

とはいえ、当の40代女性が感じるのは、お肌の衰えに過ぎませんよね。
小ジワなんか要らない、消したい!と思うのはみんな同じだと思います。

 

そんな女性の願いを叶うべく、色々調べ、様々なアイテムを試して得た、
小じわ対策に一役買ってくれそうな情報をお届けします。

 

自身のお肌に関心を持ち、試行錯誤している女性なら誰もが実践している
基本中の基本とノウハウを、もう一度見直してみましょう。

 

 

小ジワ対策その@、シワの種類と生まれる要因を知る

 

 

まず、シワの種類ですが、消す必要のないシワと、消すことが可能なシワ
がありますよね。

 

表情筋の動きが繰り返されて刻まれるシワは、時と共に深く鮮明になって
いるので、消すことは出来ないし、消す必要もないと思います。

 

ただ、加齢や肌の衰えから生まれてくる小ジワは、まだ浅く、ケアする
ことによって薄くしたり、消したり出来ます。

 

そして、小ジワ対策のスキンケアをしているうちに、深く刻んだ表情の
シワも、ふっくらと薄くなってくる期待があります。

 

加齢のみならず、肌の衰えは若い年代にも発生します。
睡眠不足や喫煙、紫外線や乾燥による環境が要因となる肌の衰えです。

 

40代を過ぎてくると、肌のターンオーバーが弱まってきます。
再生しなくなった皮膚は古びて固くなり、シワが出来る要因となります。

 

もちろん年代に関係なく、体内環境が乱れると顕著に肌が反応しますよね。
食べる物や飲み物、食事の時間帯や摂取の仕方などにも気を付けましょう。

 

そして何より大切なのは、水分と油分の保持バランス。
濡れた紙が乾く時クシャッとよれる、つまり潤いを保持できない姿です。

 

色々なシワを生む要因がありますよね。
小ジワを見付けた時に、どんな対策に挑めばいいのか紹介します。

 

 

小ジワ対策そのA、シワが寄りにくい肌作りをするケア

 

 

紙は丸めて広げると、クシャッと角の立った折り目が残ります。
布のハンカチはどうでしょう?ガチガチの折り目は付きません。

 

作るべくは、シルクのような柔らか素肌です。
いきなり難題だと思いましたか?大丈夫です、きっと作れます。

 

布のハンカチだって、濡れたまま丸めて放置していたら、致命的なシワが
より、もう一度濡らしてプレスするしかなくなりますよね。

 

そうです、潤いを与えて優しいマッサージを施し、お肌の新陳代謝を促す
潤活(うるかつ)から入り、小ジワ対策に挑みます。

 

固くゴワついた肌には小ジワが発生しやすくなります。
しっとりと水分を含んだ柔らかな肌には、小ジワは生まれにくいのです。

 

外気に晒されているお顔の肌は、常に乾燥から保護してあげましょう。
そして与えた水分や、大切な油分を失わないようカバーしましょう。

 

潤活は一回やれば大丈夫なのではなく、優しく丁寧に継続して下さい。
余分なものを洗い流し、必要なものを与えて守る、の繰り返しですね。

 

みずみずしい潤いに満ちたお肌から、いつの間にか細かい小ジワが姿を
消し、なめらかに整ってくるのを実感できると思います。

 

 

小ジワ対策そのB、生活と体内の環境問題を解決する

 

 

はい、ワザと堅苦しい言い方で表現してみました。
小ジワ対策で必要なのは、お肌そのもののケアだけではない、という事。

 

チャレンジするのは美しくなる為の生活、つまり美活(びかつ)です。
衣食住にまつわる全ての意識が貴女のお肌を変えていきます。

 

自分のことばかりに構っていられない、多忙な年代かも知れません。
家族のため、職場のためにしか時間を使っていないのではありませんか?

 

テキトウなモノを食し、一連の流れだけの自身のケアしか出来ず、
寝不足で疲れているかも知れません。

 

体内環境は食べる物から生活習慣まで、たくさんの要因で形成されて
いて、ここにもうひとつ、大きく心の問題も絡んできます。

 

暮らしの中で、自分にご褒美TIMEを設けてみませんか?
例えば食べる物のチョイスとか、お風呂の入り方を変えてみる感じ。

 

小ジワ対策とはずいぶんかけ離れている様に感じるかもしれませんが
意外な効果を発揮するんです。

 

ジャンクフードを減らして、身体にいいものだけ入れていこう。
ジュースや甘いドリンクをビタミンスムージーにしてみる。

 

10分で済ませていた入浴を5分伸ばして、血行促進マッサージ。
見なかった鏡を意識的に見るようにしたり、寝具を変えてみたり。

 

こんな風に、ほんのちょっと自己満程度でも、気持ちを豊かにする
変化が、お肌をグンと上げていく材料になるのです。

 

 

小ジワ対策そのC、必要な適格ケアの種類

 

 

で、何をすればいいの?と思った方のために、実践的な小ジワ対策の
ケア方法をいくつか書いておきますね。

 

 

・保湿ケア

 

乾燥してしまわないよう、保湿には細心の心配りを続けましょう。
洗顔後、なるべく早く化粧水などで整え、美容成分が浸透しやすい
肌環境を作ります。
浸透した成分が逃げ出さないよう、乳液やクリームで保護しましょう。

 

 

・紫外線ケア

 

夏だけでなく、1年中紫外線には注意です。
UV化粧品を始め、サングラスや帽子も活用できます。

 

紫外線をたくさん浴びてしまった肌は、怪我をした状態と同じ。
ビタミン系の基礎化粧品やサプリメントを補給してケアします。

 


・睡眠とビタミンをたっぷり取る心掛けケア

 

できるだけ、お肌のターンオーバーゴールデンタイムに睡眠を。
22時〜深夜2時は極力心も身体も休めるように。

 

お肌再生に役立つビタミンをたっぷり摂取する
内側からも潤いを生み出せる身体作りを考えた飲食を。

 

 

私個人が気を付けていること!

 

姿勢に気を付けましょう。
うつ伏せや、腹ばいになって携帯を見るとか、雑誌を読むのはキケン!

 

顔を長時間下向きにし続けていると、顔の皮膚が前に垂れ、5歳以上
老け顔に見えるような、たるみシワ顔が形成されます!

 

たるんだ状態が形状記憶されたようになり、ハリのある顔に戻りにくく
なるキケンです。

 

首によるシワも致命的になるので、姿勢には気を付けて下さいね。

 

 

まとめ

 

いかがでしたか?
知ってることもあるかも知れませんが、意外と怠ることも多いのでは?

 

小ジワだけにこだわって、お顔のケアだけしていても、なかなか改善しないと
思ったら、もう一度自分を大切に扱う方法でチャレンジしてみて下さいね。

 

 

ゆっくりと、確実に胸を育てる、おすすめ育乳ブラの情報はこちら!
バストアップをしたい方は必見です!